トイカメラとは

高画質で高性能であるということを売りとする日本製のカメラに比べると、ピントが甘かったり、色合いが濃く出すぎてしまったりと思ったような写真を撮るようなことはできません。しかし、その「思ったような写真が撮れない」というところにトイカメラの面白さがあるそうです。しかし、そういった不便さに優る味わいや楽しさがトイカメラには隠されているようですので、興味のある方は、まずはお手ごろ価格のデジタルトイカメラなどからはじめてみてはいかがでしょうか。

トイカメラとはロシアや中国などで生産された、チープなつくりのカメラのことをいうそうです。せいぜい10枚に1枚、まともな写真が取れればよいという程度のカメラも数多くあるそうです。価格はフィルムカメラで2,000円前後から、デジタルカメラであれば5,000円前後のものが主流となっており、カメラにしては安めの価格ではありますが、中にはプレミアがついて数万円なんて品もあるようです。

フィルムのトイカメラはフィルムを容易に手に入れられないですとか、現像にもお金がかかってしまうなど、不便な点もあるようです。トイカメラにもフィルムカメラとデジタルカメラの2種類あります。

トイカメラの魅力は一般的なカメラではとることの出来ない、独特の味わいを持った写真を撮るこ とが出来るということです。1990年代後半頃にロシアでつくられた「LOMO」というトイカメラが火 付け役となり日本でブームがおきました。携帯電話でもそうですが、カメラにたいして日本人は 敏感に反応するようです。このトイカメラにしてもそうなのです。