押入れ・玄関・下駄箱の掃除

いくら日ごろから丁寧に靴の手入れをしていても、下駄箱に嫌な臭いがついてしまうことがある。そして、天気のいい晴れた日などに時々ふすまを開けて外の空気を入れてあげると換気ができてよいだろう。また、さらに効果的に湿気を防ぐには、その上から除湿剤を置いておくのがよい。また、除湿機を押入れの中に入れても、湿気を防ぐには効果的かもしれない。

適当な大きさにちぎった新聞紙を水に濡らし、それを床にちらしておくのである。そのため、この湿気を防ぐために、押入れの底に新聞紙をしいてその上からすのこを置いてやるとよい。せっかくきれいに掃除をしても、ほこりを舞い上げてしまっては意味がない。玄関は家の中で最初に足を踏み入れるところであり、砂やほこりなどの汚れがたまりやすい場所である。

下駄箱は靴を収納する場所だということもあって、臭いが気になるところである。このような下駄箱の臭いを解決するには脱臭剤を使うか、また違った裏技としてはコーヒーの出し殻やお茶の出し殻を使用しても脱臭の効果があるようである。そのため、普通にほうきなどで掃いて掃除しようと思っても、ほこりを巻き上げてしまうことがある。

押入れというのは、湿気がこもりやすいため、ダニやカビが発生しやすい場所である。そして、その床にちらした新聞紙ごとほうきで掃くと、ほこりなどを巻き上げることなく綺麗に掃除することが出来る。そこで裏技である。