使いやすいスタイル

実際に購入する際は、ヘッジトリマーの刃の長さによって、機械の価格が違ってきますから、自分の使いやすいスタイルのもの、切りたい場所に合ったものを選びましょう。ガーデニングに力を入れている方で、お庭を全部、自分で手入れしている方は、ヘッジトリマーを使いこなしている方も多いです。たとえば、生垣や木などを、好きなようにカットして、観賞樹木を楽しむことも可能になります。

スチールヘッジトリマーなどは、特に、軽量で操作しやすいです。最近では、ホームセンターなどでも、いろいろなヘッジトリマーが並んでいるのをよく見かけます。実際、木を動物の形に切って、アート性の高いガーデニングをしているお宅もありますよね。

よく庭師の方が、生垣や木などをカットする際に使う、刃の長い農機具、あれがヘッジトリマーです。ヘッジトリマーは、主に伸びた枝を剪定することに使えるので、生垣を整える際にはとても便利な農機具です。ヘッジトリマーは農機具の中でも、比較的、女性にも使いやすい機械です。

中には広いお庭を持つで、業者に頼んで木などを剪定してもらう人も多いでしょうが、ヘッジトリマーがあれば、庭の生垣などは自分で好きなように剪定できます。みなさんは、農機具のヘッジトリマーをご存知でしょうか?この農機具は、エンジントリマーと呼ばれていることもあります。このヘッジトリマーの使い方をマスターすれば、素人の方でも、ガーデニング作業に使えます。


ホームセンター

ヘッジトリマーもそうですが、こうした農機具は普段からのメンテナンスが大切です。ヘッジトリマーと一言で言っても、農業で使うヘッジトリマーはエンジン搭載です。ですから、ホームセンターで売られいる比較的安いヘッジトリマーと、農機具屋で販売されているものとは少し違います。さて、ホームセンターで売られている電動のものはどうかと言いますと、もちろん、エンジン付ヘッジトリマーには能力は多少劣ります。

ヘッジトリマーのメンテナンスですが、使った後、刃の部分には防錆剤スプレーなどをかけておくと良いでしょう。きちんと、普段、手入れをしているか、どうか、それによっては農機具が長持ちするようになります。そして、モーターの焼損を防いでくれるので安心です。

各部、それぞれのボルトやナットの緩みを点検して、必要に応じて、締めなおすことです。さて、このヘッジトリマーですが、剪定を続けていくと、どうしても太い枝などを挟んでしまうケースがあります。また、使っているうちに、刃の擦り合わせが悪く、がたつく場合がありますが、その場合には、「増し締め」という作業をしなければなりません。

ホームセンターで見かけるものは、電動ヘッジトリマーで、電動バリカンと呼んでいる人も多いようですね。そんなときは、モーターに負荷が、かかりすぎてしまいますが、自動的に安全装置が働きます。ですが、自宅の庭で使ったり、趣味で畑作業をしたりする方でしたら、十分だと思います。


距離

農機具によっても、人がいない距離は違ってきますが、この農機具は「15メートル以内に人がいないこと」が推奨されています。では、ここからは、ヘッジトリマーを使って実際に作業する際の注意事項です。この手の農機具はどれもそうですが、保護具や作業着、保護メガネは必須です。刃が変形していたり、損傷があったりしたら、それは使わず新しい刃と交換してから使用します。

準備の際も刃はとても鋭利ですから、素手で刃をさわらないようにしましょう。それから、刃の切れ味が悪くなってきたら、刃を砥ぐことで、刃を復活させることも出来ますが、素人には難しいでしょう。また、機械から離れたり、刃に噛み込んだ枝を取ったり、燃料を補給したり、点検や、整備、清掃をしたりする際は、必ずスイッチを切ることです。ヘッジトリマーを作動させたまま、振り返ったりすると、他人に大怪我をさせてしまいますからね。

特に目を保護する保護メガネも忘れずにつけてくださいね。また、作業開始前には、それぞれのネジを点検します。そんな場合は、刃を砥いでもらう料金と、替刃の料金と、安いほうで対応すると良いですね。まず、ヘッジトリマーを使う際は、作業着と保護具も着用しましょう。

保護メガネがないと、ヘッジトリマーが切って飛ばしたものが目に入ってしまい、重大事故になる 可能性があります。緩んでいるところは、締め直しておきましょう。作業中は、周囲に人がいないこと を必ず確認してから始動してください。農業で簡単に使っているようですが、かなり危険な道具もたくさんあるのです。