ダメージヘア

美容院に行くたびにヘアカラーをする方も多いでしょう。さて、ダメージの原因、食生活、睡眠不足、または睡眠時間があげられます。もちろん、基本的な生活習慣を見直すことは、髪の毛以外にも大切なことですので、そこを改善できるのなら、したほうが良いです。なんとか、自宅でケアできる方法はないのでしょうか。

ダメージの原因を知り、それに対してどう対処したらよいのか考えましょう。トリートメントを使うにしても、どうして髪の毛が痛んでいるのか、最初にダメージについて考えてみる必要があります。美容院でカットされた髪は、おうちでスタイリングがしやすいでしょう。ですが、その分、いろいろなカット方法で髪には確実に負担を与えています。

髪の毛のケア方法は、そのダメージについて知ることから始まります。ですが、髪のダメージは、生活習慣だけが原因ではありませんから、それを治したら、髪が改善されるわけではありません。そうでないと、ダメージは繰り返され、ずっと痛んだ状態になってしまいます。カット技術が進化した現在、カットだけでいろいろなヘアースタイルが可能です。

美容室で受けるトリートメントは高いですし、毎日、通うわけにも行きませんよね。では、髪にダメージを与えてしまう原因は何があげられるでしょうか?それは、美容院です。ダメージの原因を知らないと、どんなにケアしても髪はダメージのまま、またはケアしてもケアしても、ダメージを繰り返し、プラスマイナスゼロなのです。


ダメージから髪を守る

さて、一番わかりやすい、熱ですが、ドライヤーは誰でも使うと思います。少しでもダメージを少なくするため、ヘアケアについて考えて見ましょう。トリートメントで日々、補っても、これらの負担は髪に、ダメージを蓄積していることを覚えておきましょう。ドライヤーの熱は髪の毛に負担をかけています。それから、紫外線です。

包まれた髪は、比較的、油やけを起こしやすく、よりダメージが深くなります。日光を浴びると紫外線が髪にダメージを与えます。今、あげた数々のダメージを髪の毛は日々、受けていることになります。改めてダメージについて考えてみると、髪の毛が可愛そうになりますよね。最近はワット数の大きいドライヤーも出てきましたよね。

さて、これらのダメージから髪を守るのは、自分次第です。また、熱でもダメージを受けています。ですから、美容院に行く度、何かしらのダメージを受けていることは事実です。これは、サラサラした仕上がりになり、一見、髪によさそうですが、実は、コーティングされることで髪は呼吸しにくくなっています。もちろん、パーマは言うまでもありませんが、かなりの負担をかけています。

ドライヤーを使う前につけるトリートメントもありますから、そのようなものを使用して保護してあげたいものです。このドライヤー、髪の性質を一瞬で変化させてしまうことがあるそうです。髪を乾かすことは便利に簡単になったようですが、その分、髪へのダメージは増えています。また、シャンプーやリンスに含まれている、コーティング剤です。


正しいシャンプー方法

自分に合ったシャンプー、そして正しいシャンプー方法を学びましょう。それから、美容院から帰ったらヘアケアを是非してください。それほど強力なダメージを与えるものですから、それを頭に置き、ドライヤーを正しく使いたいですね。自宅で必ずトリートメントしましょう。

シャンプー選び、またシャンプー方法が間違っていると、いくらトリートメントしてもヘアケアにはなりません。こうしたことに気をつけないと、いくら高級なトリートメントを使用しても、ドライヤーの熱で毎日、髪の状態は悪化するばかりでしょう。または、美容院でのトリートメントコースを受けてみましょう。例えば、髪から離して使うとか、髪にトリートメントやヘアースタイル剤など、熱から保護してくれるケア用品をドライヤーの前につけることなどをお勧めします。

さて、最後に一見、ケアには関係ないと思われているシャンプーですが、これも大事なのです。ヘアケアの基本は、ダメージの原因を知って、それに対処していくことが大切なので、まずは日々のダメージはどこから受けるのか、それを知っておく必要がありますね。美容院帰りだけでなく、毎日のトリートメントは大切です。それがトリートメント効果もアップさせることでしょう。

美容院から帰ったら何もしない方、ほとんどだと思います。自分に合ったトリートメント剤を見つけ、毎日、使うようにしたいですね。ですが、美容院で受けたダメージをその日のうちにケアしてあげる必要があります。中には今日はシャンプーしなくてもいいと思ってしまう方もいるようです。