津波警報がもし発表された場合

予報は予報で実際にはそれ以上の津波が到達するかもしれませんから。それから、0.2メートル未満の海面変動があるケースでは 被害の心配はないので、「特段の防災対応の必要がない」ということを発表しています。これらの評価結果について知りたい方は、気象庁のホームページなどで公開していますのでチェックしてみてください。 「津波が来るので気をつけて下さい」、「津波が来るので避難してください」というお知らせは、もちろん大切ですが、地震後に津波の心配がないならないで、「津波の心配はない」と発表していただけるのはありがたいですよね。津波注意報解除後も、いまだ海面変動が継続している場合、海に入っての作業、また、釣りや海水浴などは十分に注意が必要であることを発表しています。また、気象庁はすでに発表した津波警報や注意報における、評価を実施しています。 予測と実際の津波の高さの違いなどを記録し、分析しています。これらの発表はみなさんもよくテレビで見かけると思います。ですから、津波警報がもし発表された場合、その数字を見て、「数メートルの津波なんてたいしたことない」などと思わずに、とにかくすぐに避難することです。 津波が予想されないケースでは、「津波の心配なし」を地震情報に含めて出しています。また、地震発生後に、津波が起こるおそれがないケース についても、津波予報として発表します。注意報を聞いたら直ちに岸から離れ、高いところに行って下さい。 津波に備えるには近所の一番近い所で、一番高い場所を前もって知っておく必要があります。津波にそなえてこの基礎知識を あらかじめしっかり押さえておきましょう。