キャンピングカーのトイレ

とくに女性は外でトイレを済ますなんてことはできませんので、楽しいキャンプもそういった余計なことを気にすることなく楽しめるという意味ではあったほうがよいでしょう。キャンピングカーにトイレがあるというのは想像がしにくいですよね。特に夏場は狭い空間内にキッチンとトイレが共存すると不衛生です。もともと車に備え付けてあるタイプのものもあるそうですが、ない場合もたくさんあります。

個室があるものとないものがあるそうですが、これはやはり構造上の問題で差がでます。用をたした後に汚物はどうやって処理をするのか、など気になるところです。想像できるものですと寝台があって、簡易的なキッチンがあって、という具合でしょう。汚物は自己処理になり、あくまで簡易的なトイレでありますので、清潔を保ちたいところではありますが、一方、女性や小さいお子様にとってはトイレがまったくついていないよりも、あったほうが非常に助かるというメリットはありますね。

一番いいのはトイレがあるキャンプ場を選ぶことですかね。その場合、「ポータブルトイレ」といって、汚物をためておく容器がついているトイレもあるそうです。必須、必須でないものがありますが、その線引きは構造によって違うそうです。まずはトイレ。

だいたいがシャワーと一体になっているようですが、やはり気になるのは臭いですね。キャンピングカーの内装、つ まり設備はどのような感じなのでしょうか。いずれにしても自宅のトイレのように水洗できれいに処理ができるとい うものではないことはお解りいただけると思います。またどうしても狭いので音などが気になる、という点は女性むきとは 言えないかもしれません。